骨董品を高く売るなら目利き力と鑑定力そして資金力

買取店の選び方

骨董品をウル話

骨董品を売る時に買取る店によって買取価格に差が出る事があります。買取専門店は業者市場や専門店に転売して、その差額を利益としています。


なのでここから品物を買っている側の店より、買取価格は安い傾向があります。買取と販売の両方を行う店は、買い取った品物を直接小売り客に販売します。余分な仲介手数料等が少なく、その分高く買い取って貰える可能性もあります。店の見分け方や選び方は、販売を店舗やHPで行っている店を、選んだ方が高く売れる事があります。


骨董品を高く売るポイントとして、目利き力や鑑定力がある店を選ぶ事です。自分の売りたい品物とジャンルが同じ専門店を選びましょう。只目利き力や鑑定力が不足した専門店もあるので、何店かを比べて見る事が大切です。これもネットなら無料査定するサイトがあるので是非利用して見ましょう。


そして売りたい品物と同じジャンルを扱う学者や美術館の学芸員に、良いと思う店を紹介して貰うと言う方法もあります。売る店を選ぶ時は資金力がある店を選びましょう。その見分け方は資金力の無い店は、適正な買取価格を提示出来ません。


これを知る為の直接的な方法はありませんが、やはり知る為には複数の店で査定して貰う事です。その中から一番高い査定額の店を選べば問題は無いでしょう。ネットを使った査定は手間がかからず便利ですが、品物の細かな状態等の目視での鑑定が出来無いので、おおよその目安しか提示はされません。


なのでしっかりした店で実物を鑑定して貰いましょう。