茶道具を高く売るコツ!高く売れる茶道具の特徴とは?

高値になりやすい茶道具の査定ポイント

骨董品をウル話

茶道具は高く売りやすい骨董品なので、自宅に使わなくなった茶碗や御風炉があれば、一度査定に出してみるといいでしょう。茶道具は中古でも需要が高く、海外からも高い人気があるため、人気作家のものであれば高価買取が期待できます。骨董品の買取に力を入れている店であれば、経験豊富な鑑定士が査定してくれるので、安値で買い叩かれる心配はありません。


茶道具を売るときは、付属品もまとめて査定に出すようにしましょう。特に鑑定書の有無は査定額に大きな影響が出るので注意が必要です。鑑定書があれば、本物であることを証明できるため、買取価格もアップします。

骨董品の多くは共箱と呼ばれる木箱に保管されているため、共箱を付けて査定に出せば買取価格もアップします。共箱などの付属品の有無によって査定額も変わってくるので、自宅に付属品が残っていないかどうか、売る前にチェックしておきましょう。


査定に出すときは、1点ずつ出すよりも複数の品物をまとめて出したほうが高値がつきやすくなります。茶碗や釜などの茶道具があれば、なるべくまとめて査定に出すようにしましょう。

お茶会で使われる茶道具であれば高値がつきやすいので、昔使っていたものがあれば、査定に出してみるといいでしょう。ただし、貴重な茶道具だったとしても、保存状態が悪いと買取価格が下がってしまうので注意が必要です。破損や傷があると大きく減点されてしまうので、日頃から茶道具の取り扱いには注意しましょう。